ウソはばれる?

高額査定を得るために

13

嘘をついた売り手にももちろん責任が伴われます

中古車を車買取業者に売るとき、嘘を付く売り手は少なくありません。
よくあるパターンとしては、修復・事故歴を隠すものがあります。
外観は何の問題もないので、査定士はその場では気づかないこともあります。
しかし、業者の工場に持ち帰って詳細査定をした結果、内部構造に問題があると判明することもあるのです。
無事故とは言い訳ができないほどフレームが曲がっているケースもあります。
嘘はいつかバレると言われるように、その場では誤魔化せても最後はバレるのです。
買取業者が最後まで気づかなくても、オークション会場に流れたときに不具合の指摘を受けるケースもあります。
この場合は業者が損害を負うことになるため、その請求は売り手に行きます。
嘘を突き通せる可能性は極めて低く、バレたときのリスクも大きすぎます。
業者に対して不具合を事前に伝えておけば、査定士のミスで不具合に気づかない場合、売り手に責任が及ぶことは通常ありません。
ただし、一部業者は何か問題が発生すると、売り手に責任追求してくるところもあります。
二重査定はその最たる例であり、2回目の査定が必要となり、その際に査定額を減額されてしまうのです。
ほとんどの場合において、1回目よりも2回目の査定額のほうが安くなります。
車買取業者に査定を依頼する前に、業者の買取規定についても知っておく必要があるでしょう。
万が一トラブルが発生した場合は、どちらが責任を負うことになるのか。
また、損害賠償やキャンセルはどうなっているのか。
業者と交渉するときは、業者にとって都合の悪いこともどんどん質問してみましょう。
査定後に不具合が生じても、売り手には責任が及ばないかわりに、保険加入が必要とする業者もあるのです。
保険は任意ではありますが、サービスではないので有料となります。
新車やそれに近い車両の場合は、保険を付帯するデメリットのほうが大きい場合もあります。
こちらの質問に対してきちんと回答してくれない業者には売却しないほうが無難です。

TOPへ戻る