洗車は査定ポイントに入りますか?

高額査定を得るために

5

車はきれいにして損はない

中古車を売却する前に、洗車をしておいて損をすることはありません。
査定士により、洗車は必要ないと言ったり、査定基準に該当すると言ったりします。
依頼する車買取業者よりも、担当する査定士によって影響してくると考えていいでしょう。
ディーラーや中古車販売店で中古車を購入するとき、泥だらけになっていることはありえません。
「洗えばピカピカになる」とスタッフが言ってきたら、買い手の多くは不愉快な気分になるでしょう。
商品として客に手渡す以上は、極力綺麗にしておく必要があります。

査定士のモチベーションを上げろ

プロ級の洗車は不要ですが、自分で可能な範囲で綺麗にしておくのはいいことです。
スタンドや洗車場で洗うと1,000円程度かかることも多いですが、それ以上のメリットがあります。
見た目に厳しい査定士だと、車が汚いだけで1万円は安く見積もると言います。
たとえ1,000円かけて洗っても、9,000円以上はお得になってしまうのです。
汚れた状態で査定依頼をすれば、査定士のモチベーションも下がってしまいます。
査定士の多くは車好きなので、車を粗末に扱う売り手に対してはよい印象を抱きません。
査定士は決して機械的に査定しているわけではなく、そこには感情も入るのです。
売り手の対応がよければ高く買取してあげたいと思いますが、誠意が感じられなければ安値を付けたいと思うのです。
査定額の1万円、2万円は、業者の裁量によって変えることが可能なのです。
別の査定士に依頼したら、査定額が5万円も違った、という話はよくあります。
中古車である以上、明確な価値は存在せず、業者側の裁量により金額は変わってきます。
洗車のメリットには、車のキズ、凹みに気づける点もあります。
小さなキズや凹みは、ほとんど減額対象にならないという業者もありますが、減額対象にする業者もあります。
業者により査定基準は異なるので、どの業者に売却してもいいように、見栄えをよくしておく必要があるでしょう。
見栄えのためにできることとして効果的なのはコーティングです。コーティングすることによって洗車をしやすくし、小さな傷やほこりも付きにくくするので車体を綺麗に保つことができるからです。
特にポリマーコーティングなら、比較的安価に抜群の効果を発揮してくれます。

TOPへ戻る