パーツについて

知っ得情報

8

高く売りたいならノーマル車がベスト

中古車を売るとき、装着しているパーツによって査定額が変化します。
社外品よりも純正品のほうが高査定額となるので、高く売るためにはノーマルの状態で乗るべきなのです。
改造にお金をかけても、全額を査定で見積もってくれることはありません。
改造車、カスタムカーを積極的に買取している業者においても言えることです。
すでにカスタムしてある車よりも、ノーマルを購入して自分なりにカスタムしたいと考える方が多いのです。
改造に費用をかけて得意気になっていても、売却するときは自己満足にしかなりません。
高価な社外品よりも、ノーマルの純正品のほうが実際には高く評価されます。

純正パーツがあるならそれも査定に出そう

社外品については、ほとんど評価してくれない車買取業者も多いです。
純正パーツを装着し直して、社外パーツはネットオークションなどで売却するのが得策です。
パーツ単位として売却する場合は、思いのほか高値が付くこともあります。
純正パーツが車庫に眠っている場合は、自分で装着できるなら装着するべきですが、無理であれば売るときにパーツも含めて査定してもらいましょう。
純正パーツを捨ててしまった場合は、そのままの状態で売却します。
ネットオークションなどでパーツを購入して装着しても、かかった費用分の査定はしてくれません。

お金をかけずに査定に出すのがベスト

中古車を高く売る鉄則は、自分でお金を出さないことにあります。
パーツの交換はもちろん、キズ・凹みの修理、車検の取得など、お金がかかる行為はすべてマイナスとなります。
お金をかけない状態で、数社の車買取業者に査定を頼みましょう。
社外パーツの評価をゼロとする業者もあれば、かなり高額評価してくれる業者もあります。
純正パーツほどの高値は付きませんが、どうせ売却するなら少しでも高評価してくれる業者を探すべきでしょう。
結局のところ重要なのは、パーツ単位ではなく、車本体としていくらで売却できるかです。

TOPへ戻る