ローンが残った車の売却

こんな車の売却は?

6

ローンがあっても売却はできます。※場合による

ローンが残っている中古車は売却できないと考えている方は多いでしょう。
しかし、状況によって異なりますので、まずは車買取業者に相談してみましょう。

ローン中の車買取に消極的な業者もありますが、ローン残債サービスを用意するなど、積極的に買取してくれる業者もあるのです。

業者に相談される方の多くは、ローンの一括返済が難しいはずです。
売却金で返済したいと考えている方は多いでしょう。
これについては、債務よりも売却額が上回れば可能となります。
しかし、売却額が下回るようであれば、完済することはできませんので、別の方法を考える必要があります。
一般的な例としては、新しく車を分割購入する場合、同時に旧ローンの債務も一本化する方法があります。
一本化することで二重ローンになるのを防ぐことができます。
借入先が多くなると、借入額を把握できなくなりがちです。
また、月に2回の返済があるため、返済日が異なる場合は入金忘れといったミスも増えるでしょう。
異なる2社から借りるよりも、1社からまとめて借りたほうが絶対にいいのです。
ただし、一本化の審査に通らなければ利用することはできません。
ローンやクレジットは、車買取業者が用意していることもありますので、事前に確かめておきましょう。

売却額でローン返済をしたうえで、完済できない分をローンやクレジットで支払う方法もあります。
無理なく返済していける方法を選びましょう。
ローンに抵抗のある方は、売却額ですべて完済するのが理想です。
そのためには、債務よりも高く売却する必要があるので、複数の車買取業者で査定を受けるべきです。

ローン返済のためにも高く売りたい

中古車の価値は非常に幅広く、業者により2倍以上の差は生じると考えていいでしょう。
例えば、適当に選んだ1社で査定を受けて、50万円で売却するという方法は非常に損をしているのです。
2社目、3社目と査定を受けることで、100万円で買取してくれる業者が見つかるかもしれません。
数社に査定依頼をしないと、数十万円は損をすると考えていいでしょう。

TOPへ戻る