時期をみるべし

高額査定を得るために

9

売りたいときに売るのがイチバン

車を高く売るためには、売却する時期にこだわるべきだという専門家もいます。
高需要になれば自ずと高く売れますが、必ず需要が高まるという保証はありません。
そもそも、中古車業界のプロでさえ、市場の動向は予測が難しく、予測しても外れることが多いのが現状なのです。
素人の場合、高額売却できる時期を予測するのは非常に困難であり、当てが外れることのほうが多いです。
失敗するリスクを背負ってまで、時期を見計らう必要はありません。
確実性の高い方法は、売りたいときに即座に売る方法です。
最も成功率が高く、素人でも失敗しない方法なのです。
現在の愛車の価値は、いつまでもこのままではありません。
1ヶ月後に査定を受ければ、今よりも低評価になることが多いはずです。
数ヵ月も売却を先延ばしすれば、確実に査定額は下がるでしょう。
今日、明日で急激に査定額が変わることはありませんが、実際には毎日価値は下がっているのです。
今売却したいのに、時期を見計らうという方法は得策ではありません。

ネット査定→持ち込みの流れがGOOD!

売却の意思があるなら、車買取業者の査定を受けてみるべきでしょう。
ただ愛車の価値を知りたいだけ、という理由で査定を受けるのはダメですが、売りたいと考えているならぜひとも受けてみましょう。
各社の査定額を見てから、売却を決めてもいいはずです。
査定額は業者により55万円、72万円、36万円というように、大きな差があるものです。
どの業者に売却しても大差ないと考えていると大損することになります。
実際、車買取の一括査定サイトが提携している業者は、ほとんどが大手なのです。
大手にも関わらず、査定額には2倍もの差が生じてしまうわけです。
ネット査定を受けずに、いきなり業者に車を持ち込む方もいますが、この方法は最もいけません。
自分から相手の土俵に上がってしまうと、業者は簡単には帰してくれないでしょう。
言葉巧みに売却を迫ってくるはずです。
愛車の相場を知ることなく、プロと対等に交渉は行なえません。
まずはネットで一括査定を受けてみましょう。

TOPへ戻る