輸入車の査定

こんな車の売却は?

3

査定会社選びは国産車よりも慎重に!

国産車と比べて、輸入車は値崩れが激しいです。
新車購入時の価格が2,000万円超えの高級外車が、中古になると100万円台まで下がるのが現実なのです。
希少価値の高い車は値下がりしにくいですが、ほとんどの輸入車は値崩れが激しいものです。
なぜ査定額が安くなるかというと、車買取業者が輸入車に対する十分な知識、そして買取・売却ノウハウを持っていないことが理由です。
あまりに安く買取して、買い手を見つけることができないと、業者は大損してしまいます。
買い手が不安定な車ほど、相場を下げるしかない状況です。
特に未熟な査定士の場合、高額査定を出すのが非常に難しくなります。
業者に損をさせれば自己責任という頭があるので、相場よりも安い金額を提示してくることが多いのです。
国産車と比べて、この傾向は顕著なので注意が必要です。

輸入車専門の買取業者に出そう

売却する際は、輸入車の買取実績が豊富な業者に依頼したいものです。
外車の販売実績が豊富な業者というのは、常に高需要の状態にありますので、高く買取してくれる可能性が高いのです。
国産車を中心に取り扱っており、たまに外車が入ってくるという状況では、高値を付けるのは勇気がいるでしょう。
プロの車買取業者といえども、リスクは背負いたくないのです。
輸入車を高く売却するコツは、国産車の場合と何ら変わりません。
なるべく新しいうちに売る、複数の業者で相見積もりを取る、3社以上から出張査定を受けることです。
これらを徹底すれば、極端に安値を出されることはありません。
外車の販売網を確立している業者は、高い金額を出してくれます。

個人売買は控えたほうが吉

車買取業者により、得意なメーカーや車種は異なるのです。
売却する車種により、最高額を出してくれる業者は変わってきます。
個人売買を利用すれば高く売れる可能性はありますが、リスクも大きいことを覚えておきましょう。
書類関係、ローン問題、名義変更、支払いトラブルなどが発生しやすいので、プロの業者に任せたほうがいいです。
万が一の損失額は国産車以上に大きくなります。

TOPへ戻る