ディーラーでの売却のメリットデメリット

知っ得情報

10

安心・安全のディーラー下取り

ディーラーで車の購入・修理・車検などを行っている方は、売却するときも利用することでしょう。
同じメーカーの車を乗り続けている方は、下取りを選ばれることが多いのです。
なじみの専属スタッフに任せておけば、下取りの手続き、新車購入の準備などをすべて行ってくれます。
他社と比較査定をする必要もないので、手間も面倒もありません。
仕事が忙しい方ならば、ディーラーを利用するメリットは大きいでしょう。
査定額についても、悪質な金額を出されることはありません。
車買取業者においては、一部に悪徳業者が存在しているのです。
極端に安い金額を提示してくる業者に売るくらいなら、下取りのほうがずっとお得です。
売却後にトラブルが発生する可能性も低いため、安心・安全に手放すならディーラーがいいでしょう。

買取よりは価格は低いです

デメリットについては、高値での売却が難しいことがあります。
車買取業者の場合、一括査定サイトを利用すれば10社と比較することもできるのです。
比較対象が多いほど、高い金額が出やすいわけです。
各社と交渉する面倒はありますが、下取りよりも10万円~20万円は高値が付くと言われています。
一括査定に要する時間は数分であり、その後の出張査定もうまくいけば1日で終わります。
同日に数社への出張査定を依頼するのです。
業者の都合もあるでしょうが、まずは売り手からスケジュールを提示することが大切です。
業者に合わせるのではなく、自分に合わせてもらうのです。
ネット査定や出張査定に時間を取られても、10万円以上高く売れるなら価値はあるはずです。
ディーラーを利用する場合、他社に売却することはありえません。
最初から査定額が決まっており、それ以上になることはないのです。
また、新しく車を購入しない場合は、下取りは利用できません。
売却してから買取する必要があるのです。
新たに購入しなければかなり安い評価額となりますので、車買取業者に売ったほうがお得でしょう。

TOPへ戻る