ここはアピールするところ

高額査定を得るために

14

車の印象は初対面が大事

査定士に自慢の車をアピールするときは、大切に乗ってきたことを一番にアピールしましょう。
洗車をしっかりして、ワックスで磨いてピカピカにしておきましょう。
人間関係は初対面で決まると言われますが、中古車の査定もまったく同じなのです。
汚れて泥だらけの車だと、普段は粗末に扱っていると丸わかりでしょう。
普段は綺麗に乗っていて、査定のときだけ汚れるなどありえません。
小さなキズに関しては必然的な現象であり、査定額にはそれほど影響しません。
キズが多いようであれば、コンパウンドで磨いて消しておくといいです。
凹みはキズよりもマイナス評価になりやすいですが、お金をかけてまで直す必要はありません。
自分で直せない部分は放置して、そのまま売るのがコツです。
年式、走行距離、カラーリングなどは、アピールポイントとはなりません。
ネット査定を受ける際に、事前に教えておく必要があるからです。
いわば必須記入事項であり、アピールしなくても車買取業者に伝わります。

ワンオーナー車は魅力的

業者に積極的に伝えたいのは、ワンオーナーであることです。
中古車の販売サイトでも、ワンオーナーカーは高評価となっています。
車というのはオーナーが多いほど傷みやすいのです。
人により扱いが異なりますし、修復・事故歴の判断が難しくなります。
自分は無事故で運転していても、前オーナーは事故を起こしている可能性もあるでしょう。
売り手にはわからない不具合が隠れている可能性もあるため、オーナーが多いほど評価額は下がるのです。
自分が新車の状態で購入した場合はワンオーナーになるので、積極的に業者にアピールしていきましょう。

他にもアピールポイントはたくさん!

それ以外ですと、禁煙車、純正パーツあり、メーカーオプションパーツあり、といった条件も高評価となります。
最近は禁煙志向が強まっており、喫煙者に対する風当たりが強いです。
ヘビースモーカーの人ですら、喫煙車よりも禁煙車を好むのです。
自分のタバコの臭いは問題なくても、人のタバコの臭いは気になるというわけです。

TOPへ戻る